在宅ワークは「時間と報酬」の両立を可能とする

通勤がないこと、自宅で働くことは価値ある時間を生み出します

在宅ワーカーが身近ではない為不安かも知れませんが、あなたの努力とスキル次第では、パートや社員なんかよりも高い報酬を得られます。社員になれば安定的な収入を得られるなんて・・・よく考えれば誰も約束していないのに、あると思っている方が多いのですが、10年後、20年後を約束されている方などいないはずです。安定的な収入とはあなたの実力が作り出すものなのです。是非 挑戦してみて下さい。リスクは一切ございません。

在宅型(自営型)電話オペレーターの特徴

報酬差が大きく出る傾向にあります。そしてそれは短時間勤務の方が偶然時給換算2000円とかではなく、1ヶ月に160時間以上などの
レギュラーの方が多くの報酬を得ている実績がございます。
最低報酬は1時間あたり700円を保証しておりますが
時給換算1200円~3000円という方が多く実在しております。その結果は個々オペレーター(スタッフ)の努力、実力により
得ている対価であります。またその報酬のブレが少なく、多くの収入を得る方は持続的に得ているのが実情です。
報酬は仕事に対する意欲や姿勢が数値で明確に出てしまいます。

報酬の評価基準について

人の印象に左右される事なく根拠のない、説明のできない評価は行いません。
評価は長い時間をかけて統計を取り、それを数値化することに積極的に取り組んでおります。
これが公平な評価だと考えております。(選挙結果の速報が実際の開票結果より速いのは統計学を利用されています)

また長く働いて頂けるように勤続年数により一律に報酬は上がる仕組みを取っております。

商売人という意識を持つ

自営型の在宅ワークとなりますので、お店を開くのと同じだという認識を持って下さい。
自分次第であるという事、たとえば最新のパソコンで仕事をすれば、安いパソコンで操作の遅い方と比べれば
業務の効率やスピードは全く異なります。それが報酬にも差が出るのは当然という事になります。
そのような事を含めての仕事に対する意欲と姿勢が問われるのが、自営型の在宅ワークとなります。
パソコンが壊れたからお休みします。これもまれにありますが、時給換算1000円、2000円の方にはそのような傾向はほぼありません。
お店をお休みすること事態が損害であるわけです。身近にあるチェーン店ではないラーメン屋さん、飲食店なども週休2日お休み
しているお店はありませんし、設備のメンテナンスなども、体調管理など万全にして日々当たり前のように営業しています。
それが商売人であります。

あとから実感できる在宅ワークの魅力

在宅ワークは既存の常識を大きく変化させる新しい発想であります。1年、2年ではそれを実感することは難しいかも
知れませんが、数年経過すると、在宅ワークだったから良かった事を、在宅ワークで得られたものを実感できると確信しております。
完全在宅で10年以上運用しておりますが、その実績も踏まえて頂けると幸いです。